我が侭王子と散歩

サザンビーク城へ入る前にゼシカさんを見殺しにし、ククール単独で乗り込むことにしました。棺桶三つの後を歩くククール。自動的に前に進む棺桶。怖い。

ここら辺のイベントは細かいムービーが多い。その度、通常時に話すキャラクターが死んでいる場合はどうなるのかを確認しているので、なかなか先に進みません。でも、ククールのあんな台詞やこんなポーズに、都度大喜びしてたりします。仲間を棺桶に入れたことで知るというのもあれですが。

ゲームは我が侭王子との散歩を終え、鏡を復活させるところまで来ました。第一の難関であるドルマゲス戦に備え、最強の装備品の研究と錬金のため、相変わらずフィールドを駆け回っています。

  • ククール レベル30
    エロスの弓、ダンシングメイル、力の盾、ブロンズキャップ、幸せの靴
  • ゼシカ レベル29
    ドラゴンテイル、バニースーツ、ホワイトシールド、風の帽子、豪傑の腕輪
  • 冒険時間 50時間11分
  • 走破距離 213.3km
  • 戦闘回数 1015回
  • 倒した匹数 3107匹
  • 追い払った匹数 0匹
  • 勝利回数 988回
  • 逃走回数 14回
  • 全滅回数 0回
  • 全獲得ゴールド 51886G
  • 1ターン最大ダメージ 全員でアークバッファローに381Pのダメージ
  • トロデ語録 「世界を1周するくらいの距離を走っただろうが まだまだよ。真のマラソンマンへの道は遠いぞ」

記録はBOSS アルゴングレート戦終了時のもの。錬金で走り回っているうちにベホマラーまで覚えてしまったけれど、この装備で臨めば2-3打は持ち応えられるので、ベホマ数回で十分だった。ゼシカはバイキルトがけ双竜打ち、ククールは回復とさみだれ撃ち。周囲の雑魚複数体を相手にする方が、ずっと厄介だったような気がする。

闇の遺跡をうろついている間にククールがレベル32になり、弓スキル88のシャイニングボウまで達しました。初めてみる技だったのだけど、なかなか便利で強力。ゼシカのイオラと合わせて、敵をほぼ1ターンで撃破出来るのが相当に楽。目標とするレベル34のザオリクを習得したので、ついにドルマゲス戦に!

ドラゴンクエスト8