でぶソーン戦 とどめを刺すぞ編

PlayStation2 ゲーム ドラゴンクエスト8

一番心配していた神鳥の杖での祈りをクリアし、息を付く間もなく、でぶラプソーンとの戦いに突入。戦いはターンごとにメモっていたので、ざっと内訳を。尚、エイトとヤンガスは1-2ターンのうちに死亡。

  • ククール
    ベホマ29回、ベホマラー22回、ザオリク11回、さみだれ撃ち4回、キアリク2回、スクルト1回。エルフの飲み薬3個、世界樹の雫1個を使用
  • ゼシカ
    双竜打ち24回、賢者の石16回、ピオリム2回、バイキルト2回、フバーハ1回、ザオリク1回。世界樹の雫1個、超万能薬2個を使用

特筆すべき点は、ククールが6回、ゼシカに至っては30回も寝ているか死んでいるかで行動不能だったこと。

毎度ながらゼシカの双竜打ちが攻撃の要となりましたが、バイキルトがかかっていたのは2-3回あったかどうか。攻撃出来ないままターンが流れて効果がなくなるか、死んでおじゃんになるかで、殆ど普通に打ってました。バイキルトがけだとプラス100ですが、普通の状態で与えるダメージは250前後。

つまり、ククールがさみだれ撃って200x4回=800、ゼシカは250x24=6000で、合計7000弱はダメージを与えてます。ラプソーンのHPは5000位らしいです。

しかーし!! そう、ラプソーンは瞑想で500回復します。それが何回あったことだろう。とどのつまりは、負けたのです。ラプソーンに。

75ターン目にゼシカが力尽き、ベホマで自身を回復しながら、ザオリクをかけるチャンスを狙うククール。でも、玉二発と空から何だか降って来るやつをたった一人で受け止めるのは、あまりにもきつかった。というわけで、79ターン目に死亡。最後の最後で、全滅の音楽を聞かされました(泣)

  • 冒険時間 97時間38分
  • 走破距離 448.3km
  • 戦闘回数 2096回
  • 倒した匹数 7027匹
  • 追い払った匹数 5匹
  • 勝利回数 2044回
  • 逃走回数 23回
  • 全滅回数 1回
  • 全獲得ゴールド 185352G
  • 1ターン最大ダメージ 全員で暗黒の魔人に3398Pのダメージ
  • トロデ語録 「いつまで低レベルでいられるかと思っとったが ここまで来るとは! よっ! 大統領! かっこいいぞ!」

最大ダメージのは、記録を更新してみたかったから、無駄にテンションためてバイキルトして、の結果です。また、低レベルってのは、主人公に合わせてのコメントなんでしょうね、きっと。

それはともあれ、でぶラプソーン戦の反省会。まず、補助呪文はバイキルトくらいで良いかも。ピオリム、スクルト、フバーハは要らない。そんなのを唱えている暇があったら、少しでも相手にダメージ与えるべき。ただ、眠った場合のキアリクはした方がいいかも。大抵は叩かれて即起きるけど、やっぱ2人共眠らされてそのまま全滅よりはマシ。

持ち物では、攻撃はゼシカがメインなので、タンバリンをククールに持たせようかと。それから、エイトに回したメタキン装備をひっぺがし、盾をククールに戻し、ゼシカの兜をティアラからメタルキングヘルムに変更。

記録を振り返ると、最初は防戦一辺倒。気がついたら攻撃出来てなかった。何とか初めての攻撃を仕掛けたのは13ターン目。運もあると思うけれど、無駄にターンを過ぎた分、貴重なエルフの飲み薬や世界樹の雫を多く消費。再戦しに行くのにも、持って行くアイテムが無い。

というわけで、錬金+レベルアップのために走るのじゃ、ククール!!

ドラゴンクエスト8