長い末路

裏ダンジョン編の始まりは、★印付きのセーブデータをロード。早速夢を見に、海辺の教会でお泊りしました。外へ出て、エイトとヤンガスを棺桶に収納。鳥になって例の高台へ飛び、ほくほく顔で竜神の道へ突っ込みます。狙いは死神の盾。女神の盾を早いとこ作りたい!

でも、ここの敵は嫌い。HPが高いからね。ザラキとか死の踊りも怖いし。とにかく死なないように気をつけなくっちゃね。っと、敵出現。そこで気が付く。

装備品を整理するのを忘れてたーーーーー!

隼の剣改は道具袋に入れたまま。ジゴスパークで一掃するつもりだったのに。まあ、いいさ。ジゴスパークはMPの消費量が多いからね。ここは大人しく、装備済みの弓でシャイニング・ボーウっ! あ、あれ??? ああ、何てこったい。ホラーウォーカーって、

シャイニング・ボウが効かないのを忘れてたーーーーー!

その後は冷や冷やしながらも何とか撃破しましたが、ラプソーンで長い間苦戦した分だけ印象が強く、雑魚戦では何のスキルをメインに戦っていたんだっけ状態。ブランクが長過ぎた。

竜神の道のルートはだいたい覚えているつもりだったけれど、横にそれると思ったよりも奥が深い。長い道を頑張って進んで取った最初の宝箱には、はぐれメタル鎧。カジノで入手済みだよ、遅いよ。どの宝箱に何が入っているかは、メタルキングの槍があそこら辺かなという程度。だーかーらー私が求める死神の盾は何処なのさ。

戦闘はゼシカがタンバリン、その後でククールのジゴスパークで一掃、とはいかないまでも半掃、というパターンを多用。だからMPが早くなくなる。リレミトを繰り返した後、一部の宝箱を諦める。で、脇目もふらず、妖精の矢を大活用し、ずんずん奥へ。やがて、出口から差し込む光が見えて参りました。それはまさに希望の光。

突破してからルーラを開いて「竜神族の里」が登録されたのを確認し、一旦セーブ。そして、洞窟探検に舞い戻る。やがてリピーター生活に飽きて来たところで、やっと死神の盾を発見。宝箱は多分これで全部だよなーと、一応ヤンガスにザオラルして盗賊の鼻をかがせると、やっぱりそれで最後でした。よりによって、一番欲しいものが一番最後。別に最後であるべき位置でもないのに。

尚、ヤンガスには「ザオラル」ってのがポイントですよ。HP半分回復。「ザオリク」で全回復したら、再び棺桶に収納するのが大変ですからね。気付くの遅過ぎ?

  • ククール Lv.51
    HP425 MP235 剣100 弓88 杖34 カリスマ3
    隼の剣・改、ドラゴンローブ、メタルキングの盾、ファントムマスク、幸せの靴
    オーディーンボウ、世界樹の雫等の回復アイテムを幾つか携帯
  • ゼシカ Lv.49
    HP379 MP301 短剣30 鞭68 杖100 格6 色38
    グリンガムの鞭、神秘のビスチェ、聖女の盾、メタルキングヘルム、星降る腕輪
    不思議なタンバリン、賢者の石、同じく回復アイテムを幾つか携帯
  • 冒険時間 102時間55分
  • 走破距離 458.4km
  • 戦闘回数 2221回
  • 倒した匹数 7548匹
  • 追い払った匹数 5匹
  • 勝利回数 2164回
  • 逃走回数 23回
  • 全滅回数 2回
  • 全獲得ゴールド 199429G
  • 1ターン最大ダメージ 全員で暗黒の魔人に3398Pのダメージ
  • トロデ語録 「エイトが死にやすいようじゃが ここまで来たんじゃぞっ! あとは気合いでなんとかせいっ!」

細々としたムービーが多い、竜神族の里での出来事。でも、エイトさんがin棺桶でも淡々と話は進み、ポイントでさりげなく生き返ってたりします。ククール的には、見所が随所にあって楽しい。ボケ長老ばあさんに話し掛ければカリスマな身振り手振りを堪能出来るし、じいさん宅で一夜を過ごせば思わず添い寝したくなるような美しい寝姿と目をこする可愛い仕草を拝見出来る。今は女神の盾を錬金ついでに、風景や小道具を観察しがてら、あの狭い村の中をゼシカさんと二人でぐるぐる走り回っております。ここは誰の故郷だっけ状態。

ドラゴンクエスト8