極私的剣士育成記録

テリーのレベルが99に達するまで何とか頑張りましたが、それまでの道中があまりにも単調で投げ出したくなりました。

ドラゴンクエスト6

裏BOSSとはぐれの悟り

裏BOSS ダークドレアム戦後に「はぐれの悟り」を低確率で入手出来るというが、三回やって駄目だったので諦めた。って早過ぎ? しかも、20ターン以内に倒すと、またもや余興ムービーと長いエンディングを強制的に見せられることになるため、21ターン以上もかけなくては逆に効率が悪くなってしまうのも困った点。

戦っている最中にターンを数えるのが面倒だったので、メンバーの殆どが勇者職を覚えたレベル80前後で、回復呪文以外を使用せずに通常打撃のみで挑んでみたところ、そこそこに丁度良さげな28ターンという結果が出た。せっかくメンバー達を強化したのに、その強さを実感し難い。

育成

というわけで、洞窟で拾った唯一の「はぐれの悟り」は、極私的感情によりテリーに使用。他キャラクターははぐれメタル以外の、ドラゴンを含めた他11種の職業を制覇させることにした。

デスタムーア城の回復ポイント付近を拠点にレベル上げ、スキルの回数稼ぎ。「ガンガン行こうぜ」にしておくと、テリーとはぐりんによるツイン・ビッグバン攻撃で、ほぼ完結してくれる。

メンバーは初めて裏BOSSを倒した時から変わっていない。仲間に加入するタイミングも勿論あるが、レベルのばらつきは気にならない程度だったのに、ドランゴの成長が妙に早くて途中でメタボと10も差ができた。この分だとドランゴが先に卒業するから、ルイーダの酒場に預けっ放しのアモスを仲間に復帰させ。と目論んでいたら、次第に成長が鈍り、レベル98でメタボ達が追いついてしまったという。

それより、はぐりんの成長限界、レベル16だった。一つ一つのレベルが上がるまでにかなりの経験値が必要で、次はどのくらいだろうと不意に思い立って確認した時点で、どれだけのターンを損していたことか。

はぐりんの交代要員として、スライム格闘場で預かったルーキーを入れた。レベル45以上にしてスラッジ爺さんに話し掛けると、新しい特技を教えてくれると聞いたので。彼のレベルはさくさく上がり、喜び勇んで教えて貰いに行ったけれど、教えてくれるのは「輝く息」? 最初からいきなりドラゴン職に就けていたから、とうの昔に覚えてしまってるよ。勿体無いー!

卒業

最初に卒業したのは、レベル16が限界のはぐりん。続いて、ドランゴ。あまり間を置かず、主人公のメタボ、テリー。加入時にメタボと5つもレベル差があったテリーは、最終的にほぼ同じ頃にレベル99に到達した。それから十数ターン経過後にハッサン、バーバラの順。

気付けば、ミレーユの成長が伸び悩んでいた。チャモロも輪をかけて遅い。但し、全員レベル80前後で勇者とドラゴン職まで覚え、他キャラクターが卒業するまでにははぐれメタル以外の全職業をクリア済み。

すれちがい通信 その後

四人で、延べ七件。十人に満たないため、館の階段は塞がったまま。街中で拾えたのは僅か一件で、他は全て五度のプロ野球観戦@札幌ドーム。場所が場所だけに、同じ人と四度もすれ違ってしまった。相手の方も「またお前か!」とがっかりしただろうなあ。

長くなったので、ステータスは別頁に記すことにして、DQ6プレイ記はこれにて完了。

fin.