結婚式に乱入 裏END編

PlayStation2 ゲーム スマートフォン ドラゴンクエスト8

結婚式に乱入して来たエイトを、騎士団員が捕らえようとにじり寄る。しかし……

クラビウス 「待て その必要はない! そこにいるエイトには この式に出席する権利があるのだ……。エイトよ……お前を花婿と認める。」

ガーン……と衝撃を受けるチャゴス。王に駆け寄る。

チャゴス 「父上! 父上ほどのお方が何をわけの分からないことを! 花婿は このぼくでしょう!」

クラビウス王がチャゴス王子に指輪を見せる。

クラビウス 「このリングは 昨夜そこのエイトからあずかったものだ……。」
チャゴス 「そっ それはもしや? アルゴンリングなのですか? なぜだ? 王家に生まれ 王者の儀式をすませた者しか持っていないはずなのに!?」
クラビウス 「この指輪は兄の……。エルトリオの遺品……。エイトはわしの兄であるエルトリオの息子だったのだよ。」

ガーーーン、と再びショックを受けるチャゴス。クラビウスは、エイトの方を向いて言う。

クラビウス 「遺言に従うなら 兄の子であるエイトこそ ミーティア姫の夫としてふさわしい人物!」

チャゴス王子は、地団駄を踏んで抗議する。

チャゴス 「そ そんなの納得できませんっ! ミ ミーティア姫の許婚はぼくだったんだ。だから 結婚するのも こ このぼくのはずだ!」

騎士団員がサザンビーク大臣に耳打ちしている。

大臣 「お取り込み中失礼します。ただいま伝令より 花嫁の準備が整ったとの報告が入りましてございます。」

クラビウス 「扉をあけよ! 花嫁の入場だ。」

チャゴス王子は、まだジタバタしている。

扉が開き、トロデ王とミーティア姫が入って来る。まず、トロデ王が気付き、ミーティア姫も驚く。正面に立っているエイトを見て。

大聖堂の外には、たくさんの観衆。扉から、エイトとミーティア姫が手を繋いで登場し、ざわめく。ククール、ゼシカ、ヤンガスも大驚き。祝福の拍手を贈る。観衆の前で、二人は見つめあい、そしてキス。鐘の音が鳴り響く。


大聖堂を出て、駆け続けるエイトとミーティア姫。その先で待っている馬車の御者台に、トロデ王がいる。

DQ8

ミーティア 「お父様! いつの間に!?」

微笑んで頷くトロデ王。ミーティア姫を馬車に乗せ、続いてエイトも乗り込む。


大聖堂の庭高台に、ククール、ゼシカ、ヤンガスがいる。ヤンガスが前に進み出るが、ゼシカが肩を掴んで止め、そっとしておこうと首を振る。ククールも横で頷く。三人は黙って、馬車を見送る。


馬車がトロデーン城へ戻って来る。

トロデ王 「思えば長い旅路であったな。いろいろあったが まあこれで良かったのじゃろう。にしても 世が世ならお前がサザンピークの王家の正当なる後継者であったとは……。運命とは不思議なものじゃの。さて じいさまたちが交わしたという古い約束など もういいじゃろ。あとのことはお前たち自身できめるがよいぞ。」

エイトとミーティア姫は手を繋いだまま、顔を見合わせる。そこで、ミーティア姫が顔を上げる。

ミーティア 「お父様 そんなことより ほら!」

城の中から兵士、メイド……たくさんの人々が駆け出て来る。イバラの呪いが解けた後の再現のように。

The End.