ククール@アスカンタ

PlayStation2 ゲーム スマートフォン ドラゴンクエスト8

初訪問時からアスカンタ城のイベントをクリアし、パルミド地方へ行くまで。

入域後

アスカンタ国領フィールド(一度だけ / 以降は無言)
「……。……え? 何か言ったか? 何でもない。ちょっと考え事してただけさ。……そうだ エイト。あいつ……。オディロ院長を殺した奴の名。たしか ドルマゲスだったよな? ……ドルマゲスか。なあに 奴にはいっぺん会って礼を言わなくちゃ……ってね。そう考えてたとこさ。あのいまいましい修道院から 奴のおかげで出られたんだ。たっぷりお礼はしてやるさ。」
川沿いの民家、川沿いの教会
「なあ エイト。城のほうへ行ってみないか? じいさんばあさんとダラダラ話してたって なにも面白いことなんか起きやしない。美女も冒険もカタキ討ちも たいてい城を舞台にするもんさ。な? 行こうぜ。」
願いの丘
「あーあ。ブーツに泥がついたぜ? 何を好きこのんで こんな山奥まで。しかも なんの用もないってのに。おまえマゾか? そんなに魔物や山道が好きなのか? だいたいなんでこっちに来たんだ? たいがいにしないと オレはひとりで馬車に戻るぜ。やってられないね。」
幼少時の回想ムービー後のアスカンタ国領フィールド
「……なんだよ。オレの顔になにかついてるか? ほら先を急ごうぜ。いちおう追いかける相手もいることだしさ?」
アスカンタ城
「あーあ。せっかく修道院を出てきたってぇのに またかよ! しんきくさい黒だの灰色だの。ま 喪服ってのも それはそれで色気があるけどな。」

キラの頼みを聞いた後

アスカンタ城(一度だけ)
ゼシカ 「あー イライラする! 大の男がなによ!? 王妃様が亡くなったの もう2年も前なんでしょ! それをウジウジと! そりゃ……私だってサーベルト兄さんが死んだ時は すごく悲しかったけど……。」
ククール 「ま 家族と最愛の妻とじゃ いろいろ違うって事さ。そのうち恋をすればわかる。……どう? 教えてやろうか?」
ゼシカ 「けっ・こ・う・で・す!!」
「……けっこうかわいい子なのに あれも目に入らないぐらいの上玉……。2年も忘れられないほどの美しいお后様か。幽霊でもいいから いちどふたりきりでお目にかかりたいね。」
アスカンタ国領フィールド
「アスカンタでも評判の美しい王妃が死んだのが およそ2年前……。それからずっとあの国は喪に服してるってわけか。……情熱的 いや女々しいだけか? パヴァン王と王妃は よっぽど激しい大恋愛の末に結婚したんだろうな。そして魔法のとけないうちに 王妃は天に召された。カンペキだね。うらやましい美談だ。」
川沿いの教会、川沿いの民家 
「……あのばあさんがキラの50年後か……。人生は非情なもんだね。ああそうだった。とにかく ばあさんに話を聞いて キラに伝言に戻らなきゃ。」

キラの祖母と話した後

川沿いの教会、川沿いの民家
「月夜の晩 高い丘の上でひとばん祈りを捧げれば どんな願いでも叶う……か。オレは行くだけムダだと思うけどね。」
アスカンタ国領フィールド
「満月の夜なにかが起こる……か。そういやオディロ院長がドルマゲスに殺されたあの夜も ほんとうに……見事な満月だった。……。ま 今度は何事もないよう願いたいね。人が死ぬのはまっぴらだ。」
アスカンタ城
「頼まれた事だけをただやってやるだけじゃあ ガキの使いといっしょだ。キラの願いはなんだった? ばあさんに話を聞いてくるだけか? 違うだろ? おとぎ話の真相がどうであれ 彼女の願いをかなえてやる。それがモテの秘訣ってもんさ。」
願いの丘
「……。ぺらぺら喋ると消耗するぜ。それに魔物を呼び寄せちまう。わかったら黙って歩くんだ。」
願いの丘頂上 
「……夜は人を詩人にするが 誰もが優れた詩人になれるとは限らないものさ。……オレ? さあね。女性のお望みとあらば 披露しないでもないけど? ま 今日はやめとくか。せっかくの月だ。黙って眺めるのもいいさ。」
月影の窓に入った後
「……ま 修道院も追い出されてみるもんだね。おかげで珍しいものが見れた。ロケーションもバッチリ。人気もない……うん……ん? ああ ひとりごとさ。何でもない 何でもない。」
イシュマウリと会話後
「……あいつ何なんだ? 人間じゃない……のか? 見た感じは普通だけど……。まあいい。あの手の顔は敵じゃない。信用するとしようぜ。根性のひねくれた奴は ドルマゲスおじさんみたいにユニークな顔出ちになるからな。」
イシュマウリと共にアスカンタ城にワープ後
「……妙だな。静か過ぎる。いくら夜中だって 城の中だぜ? 物音ひとつしないのはおかしい。なにか……とてつもない事がこの城で起きてるみたいだな。」

アスカンタ城復活後

アスカンタ王のもてなしの席でワインを飲みながら
「やれやれ。ようやく あのふぬけの王も 正気に戻ったみたいだな。……おっと。ついクチがすべっちまった。ちょっと飲み過ぎたかな?」
願いの丘頂上以外のアスカンタ国領全域 
「……あの目 あの唇 あの声 あの仕草……忘れられない。たしかに あれじゃあ 何年だって嘆き悲しむはずさ? あの王には正直もったいないね。あと2年早くオレがこっちまで遠征してりゃあ 生身の王妃に会えたのに。悔しいなあ。」
願いの丘頂上
「……そうだ そうだよ! あの詩人 イシュマウリ! あいつが男か女か 確かめるのを忘れてた! ……オレとしたことが。ヘコむなあ。」

DQ8