ククール@暗黒魔城都市

暗黒魔城都市に潜入してから崩壊するまで。

暗黒魔城都市を探索

入口(一度だけ)
ククール 「聖地ゴルドの下から いったい何が出やがったかと思ったが まさかこんな都市だったとはな。でもって こんな所に住んでるやつと戦うことになるとは オレの人生もろくなもんじゃないな。」
ゼシカ 「……弱気? めずらしいわね。」
ククール 「弱気ってこたないけど……。これまでの人生がなんと不運の連続だったことかと 嘆いただけだ。」
ヤンガス 「ここまで来たらつべこべ言っても仕方ないでがす。幸運か不運か それを決めるのはこれからでがすよ。」
ククール 「ちぇっ。諭されちまった。グチなんて言うんじゃなかったぜ。」
「ドルマゲス……ゼシカ……黒犬レオパルド……そして あいつ。えり好みしないのは結構だが 近くにいりゃ誰でもいいのか? 見境のないやつだな 暗黒神ってのは。オレが魂を運んでもらうなら 美女限定で頼みたいもんだけどね。」
中に入った後
「ここが暗黒神の居城か。ようやくラプソーンさまにお会いできるってわけだな。久しぶりだぜ。こんな恋焦がれたような気分はな。」
円形都市が見える宝箱のエリア(一度だけ)
ゼシカ 「ここは……?」
ククール 「なんだか空間がおかしなことになってるらしいな。これも暗黒神の幻惑ってやつか?」
ヤンガス 「ダメでがす!! こりゃーもう アッシにゃ お手上げでがす!! ここから先は目をつぶってるので 手を引いて連れてってほしいでがす。」
ククール 「…………。」
「長年 自分で自分のこと動じない性格だって 自負してたんだが……。なんてこった。ドキドキしてやがる。最低だな。」
五階(一度だけ)
ゼシカ 「ここは……?」
ククール 「どうやら敵の親玉は この奥らしいな。気分の悪いオーラが足元から湧き上がってきやがる。さあ 急ぐとすっか。念願の暗黒神さまとのご対面がもう間近に迫ってるらしぜ。」
「暗黒神の邪気にあてられたのか知らないが やたらとガキの頃のことを思い出すんだ。今さら……本当に今さらだ。思い出したって意味ねーのに。」
円形都市(一度だけ)
ヤンガス 「また 普通の町並みでがすなあ。暗黒神が近づいてるはずなのに ちっとも怪しい感じがしないでがす。」
ククール 「……残念だけど そいつは違うみたいだ。なんだか妙にヒリヒリするぜ。ちゃんと周りを見てないと 肝心なことを見落とすかもな。見るっていっても目だけじゃない。全身全霊を傾けてあらゆるものをきっちり見るんだ。」
「道に迷ったとき いちばんやっちゃいけないことを教えてやろうか?」
(→はい) 「今やってることが いちばんダメなことだ。考えてばかりで 動くのをためらってる。悩んでたって仕方ない。とにかく道がある限り 前に進もうぜ。そうだろ?」
(→いいえ) 「そうか。じゃあ 興味があったら また聞いてくれ。」
最奥の階段を降りた後(一度だけ)
ゼシカ 「ねえ エイト。こんなときになんだけど……ありがとう。エイトに感謝してる。エイトがいなかったら きっと私 ここにたどり着けなかった。だから……ホント ありがとう。」
ヤンガス 「くあーっ!! こんなときに何をいいムードになりかけてるでがすかっ!!  それに言っとくでがすが  兄貴に感謝してる度合いだったら アッシの方がずっと上でがす!!」
ククール 「おいおい お前ら。あんまりシカト決め込むと 暗黒神くんスネちまうぞ? オレはあの怖い怖い鬼さんを一秒でも早くやっつけて こんな所さっさとおいとましたいんだ。だから しゃべくってないで さっさと行くぞ!」
ゼシカ 「なによもう えらそうに! わかってますよーっだ!」
「ここまで来たんだ。話すのは もう後にしようぜ。」

ラプソーンに負けて再訪した場合

入口(一度だけ)
ヤンガス 「一度戦って負けた相手の所に行くってのは 気が重たいもんでげすなあ。」
ククール 「言うな。悪いイメージに囚われてっと わざわざ悪い結果を招き寄せちまうぞ。」
ヤンガス 「ア……アッシは別にそんな悪いイメージで言ったわけじゃ……。」
ゼシカ 「ククールの言う通りよ! たしかに負けはしたけど 相手の攻め方をつかんだじゃない!! ちゃんと前進してるんだから!」
ヤンガス 「……むはあ。誤解でがす。グチなんて言うもんじゃないでげすな。」
「何度来てもここは気持ちのいい場所じゃないな。ここを通るのは これで最後にしたいぜ。」
中に入った後
「暗黒神との戦いのために なるべくムダな戦いは避けたいもんだ。いいか? ラプソーンとの戦いは 今からもう始まってるんだぜ。」
円形都市が見える宝箱のエリア
「よっしゃ 行くぜ!!」
円形都市
「どっちにしても 暗黒神はもう間近だ。どうする? 戻るなら今のうちだぜ。勝負ってのは 勝つことがすべてだ。勝てない勝負を避けるのは 別に汚いことでもなんでもない。逆に 勝つためだったらイカサマでもなんでも やっていい……と オレは思ってるぜ。」
最奥の階段を降りた後
「同じ失敗を繰り返さなけりゃ 同じ相手にそう何度も負けやしないさ。だろ?」

ラプソーン戦に勝利した後

戦闘直後(一度だけ)
ヤンガス 「勝った……でがす。」
ゼシカ 「……。信じられない……くらい……うれしい……かも。」
ククール 「さあ 帰るぞ! こんな所 さっさとおさらばだ!」
「こんな所に長居は無用だ。さあ すぐに退散しようぜ。」
城が崩れ始めた後
「話してる場合かよっ!! 走れ! ホントにヤバいぞ!!」
円形都市を抜けた後
「地震で足場が落ちでもしたら 外へ脱出する道がなくなっちまうぞ! 急げっ!!」
暗黒の魔人を倒した後
「どうやら走って行けるのは ここまでらしいな。あと残ってる脱出ルートは……上だけか。」

暗黒魔城都市が崩壊した後

リーザス地方フィールド
「もう考えたって 始まらんぜ? 覚悟決めて レティスの所へ行く。それだけだろ?」
リーザス像の塔
「オレ これでちょっとは暗黒神に感謝してたりするんだぜ。なにしろ オレが修道院から抜け出すきっかけを与えてくれたわけだし。……つってもまあ 当然生かしておくわけにゃいかないんだけどな。」
闇のレティシア
「たしかに 今のラプソーンは強敵だが だからってこっちの世界に隠れてんのは どうだかなあ……? いいかげん覚悟を決めて 今度こそ奴との長い長い因縁に決着をつけちまそうぜ!」
人跡未踏の森フィールド
「さあ あの化け物をスカッと倒すとしようぜ。覚悟しろ 化け物。今 このククールさんは やる気がまんまんだぜ!」

DQ8