ククール@竜神族の里

竜神族の里に到着し、長老達からの依頼を受けるまで。


グルーノの出迎えを受けた後
「人と竜の姿を持つ種族だって? オレには変な耳飾りをつけてるようにしか見えないんだが……。だが この世界は普通じゃないし そこに普通じゃない連中が住んでいても 不思議はないってことかな?」
村の荒れ果てた様子を見た後
「竜神族なんて言うから どんな連中が住んでるかと思ったら ずいぶんくたびれた様子だな。苦労してここまで来たってのに まったくさえない話だぜ。」
長老達の話を聞いた後
「何だか また面倒なことに巻き込まれそうな予感がするな。前にも言ったかもしれないが オレの悪い予感はよく当たるんだ。今回は はずれてくれりゃいいんだが……。」
長老のうちのバアさんに、ククール先頭で話し掛ける
バアさん 「おおっ……お前があのエイトか。本当に立派になったものじゃなあ。」
ククール 「おいおい。このククール様とエイトなんかをまちがえないでくれよ。オレは子供の頃から 世にもまれな美少年で通っていたんだぜ。バアさん 目が悪いんじゃないか?」
長老達から依頼を引き受けた後
「やっぱり竜神王とかいう奴と戦うハメになったか……話を聞いた時から こうなる気はしてたんだ。……いや お前を責める気はこれっぽっちもないんだぜ。あの状況じゃ 断るに断れないからな。……ふう。オレもいい加減 あきらめがよくなったもんだぜ。」
グルーノ宅(ムービー)
「それもそうだが オレはあの長老たちのエイトに対する態度の方が気になったな。あの態度は……まるでエイトのことを昔から知ってるみたいだったじゃないか?」
グルーノ宅で会話の続き(ムービー)
「あのじいさんが素直に話してくれるとも思えないが……。とりあえず当たってみるとするか。」
グルーノに事情を聞きに行く前
「あのグルーノってジイさん 意外にもえらい奴だったんだな。トロデ王の例もあるし まったく人は見かけに寄らないもんだぜ。」
石碑のある高台
「この石碑は こっちの世界との出入り口を封じるために 竜神族の手で作られたものなんだろうな。それが何かの拍子にかくされていた紋章が出現しちまって オレたちが発見したってわけだ。」
竜神の道
「結局のところ どういうわけでこの竜神族の世界への入り口が開いたんだろうな? あの不思議な夢のことといい どうもまだこの世界についてはわからないことが多すぎるぜ。」
グルーノ宅で一夜を過ごした後 
「グルーノじいさんはともかく 他の竜神族はオレたちのことをあまり歓迎していないようだな。そんな連中のためにどうして……とも思わないじゃないが ほっとくのも寝覚めが悪いしな。……やれやれ。こんなのオレのキャラじゃなかったんだが……。エイトのお人好しがうつったかな?」

DQ8