ギリシャ・アテネ パルテノン神殿

アクロポリスとは「高い丘の上の都市」という意味で、アテネの街とは100メートルの標高差がある。そのアクロポリスの丘にあるのがパルテノン神殿。紀元前5世紀にアテナ女神を祭るために造られたドリス式の巨大建築物で、広さは31×70メートル。直径2メートルある大理石の柱が46本残されている。

08018.jpg

08019.jpg

08021.jpg

08026.jpg

パルテノン神殿の傍にあるエレクティオン神殿。カリアティード(カリアティッド)と呼ばれる少女像の支柱はレプリカで、本物はアクロポリス博物館と、一体のみイギリス・ロンドンの大英博物館に収蔵されている。

08020.jpg

08022.jpg

パルテノン神殿の裏手にある、発掘物を展示するアクロポリス博物館。(その後移転)

08023.jpg

エレクティオン神殿の本物の支柱。

08028.jpg

アクロポリスの丘からの眺め。今でもオペラなどが催されているイロド・アティコス音楽堂。

08025.jpg

ディオニュソス劇場。

08024.jpg