オーストラリア シドニー フェザーデイル・ワイルドライフ・パーク

シドニー市内から車を走らせること一時間、フェザーデイル・ワイルドライフ・パークに到着。大昔より大陸が孤立していたオーストラリアには、珍しい動物が数多く生息している。

10020.jpg

ウォンバットは夜行性で、昼間は地面に掘った穴の中で暮らす。必死に穴掘り。

10021.jpg

コアラはアボリジニの言葉で「水を飲まない」の意。百の品種のうち数種のユーカリの葉だけを食べるグルメさん。一日の殆どを寝て過ごす。オーストラリアを訪れるからにはそんなコアラを見て、更には抱っこしたい!

一日に二回しか行われない「コアラ記念撮影サービス」に何とか間に合い、コアラのぬいぐるみにしがみついている状態のコアラを抱っこ。これはコアラの爪が鋭いことと、コアラのストレスを軽減するため。コアラを抱くのは無料。記念撮影については、動物園のカメラマンに頼めば有料になるが、自分達のカメラを使って撮るのであれば無料。(コアラとの撮影を禁止している州もあるようだが、旅行時のシドニーはOKだった)

10013.jpg

フェアリーペンギン。

10019.jpg

有袋類のカンガルー。赤ちゃんは半年間お腹の袋の中で育てる。

10026.jpg

エミュー。飛べない鳥では駝鳥の次に大きい。前にしか歩けない。国の紋章にも登場。

10022.jpg

近付いたら「噛みます」宣言。

10023.jpg

ディンゴ。アボリジニの祖先がアジアから連れて来た犬が野生化したもので、性格は凶暴。

10024.jpg

タスマニアンデビル。タスマニアだけに棲息する珍獣。歯が鋭い。

10025.jpg

10016.jpg

他に、ロリキートやクッカバラという色鮮やかで珍しい鳥もいた。