2001年6月 カンボジア・タイ

世界遺産のカンボジア・アンコール遺跡とタイ・アユタヤへ。

1. 21009.jpg 新千歳~関西空港~タイ・バンコク~カンボジア・シェムリアップ

移動に次ぐ移動の旅の始まりからオジサン族に祟られていた。関西空港では待合室付近で居合わせたオッサンの長話に付き合わされ、飛行機では隣席の一人...

2. 21044.jpg カンボジア アンコール遺跡 スラ・スラン

シェムリアップ空港で現地人男性係員サムナンさんと合流し、滞在先となるバンテアイ・スレイ・ホテルへ向かった。

3. 21021.jpg カンボジア アンコール遺跡 バンテアイ・クデイ

スラ・スランから道路を隔てたところに位置するバンテアイ・クデイは、「僧房の砦」という意味をもつ遺跡。ヒンドゥー教寺院として建てられた後、仏教...

4. 21001.jpg カンボジア アンコール遺跡 タ・プローム

約130年前に発見される迄、何百年間もジャングルに埋もれたままになっていたアンコール遺跡。成長した溶樹(ガジュマル)が建築物の隙間に入り込み...

5. 21076.jpg カンボジア 雨季のスコール

午前の観光を終え、隣国タイ料理がメインのビュッフェ式レストラン「チャオプラヤー」へ。現地の銘柄アンコール・ビールに、出来るだけカンボジア料理...

6. 21042.jpg カンボジア アンコール・ワット 環濠~西塔門

アンコール遺跡群の代表、カンボジア国旗にも描かれているアンコール・ワット。12世紀に建てられたヒンドゥー教寺院で、南北1,300メートル、東...

7. 21151.jpg カンボジア アンコール・ワット 西塔門~中央祠堂群

クメール建築の作為的な設計により、参道を進むにつれて中央部の尖塔が見えなくなる。西塔門まで来ると、間口の向こうに尖塔を覗くことが出来る仕組み...

8. 21050.jpg カンボジア アンコール・ワット 回廊西面~南面

参道、塔門、参道――と通り抜ける度にその見え方が変化し、天界に近付くとされるアンコール・ワット詣で。中央堂塔は三重の回廊に守られ、その壁面が...

9. 21174.jpg カンボジア アンコール・ワット 回廊東面

東壁には最も有名な、ヒンドゥー教の天地創造神話「乳海攪拌」。

10. 21063.jpg カンボジア アンコール遺跡 プノン・バケン

アンコール三聖山の一つ、プノン・バケンは標高60メートルで、アンコール遺跡群で最も高い場所にある。崖の上には、ヒンドゥー教系の小さな主祠堂と...