大分 湯布院

別府から移動すること約40分、湯布院のシンボルとも言われる金鱗湖(きんりんこ)へ。温泉と冷泉が同時に湧く湖で、湖畔には混浴の共同浴場、萱葺き屋根の「下ん湯」がある。

03e034.jpg

03e035.jpg

和の雰囲気が素敵な旅館。

03e038.jpg

民芸村。

03e036.jpg

03e037.jpg

「湯布院」という字面から鄙びた温泉街を勝手にイメージしていたが、テディベア博物館や自動車博物館など展示館が多数あり、映画祭や音楽祭も開かれるらしい。短時間でほんの一部しか歩いていないが、どちらかと言えば洋風な街という印象。

03e040.jpg

03e025.jpg

03f125.jpg

03f123.jpg

03f124.jpg

表記に関して「湯布院」と「由布院」とがあるが、これはどちらも正しい。正式名称は「湯布院」で、町の名前も湯布院町という。一方、盆地の名前が由布院で山も由布岳となっていて、広い地域名として「由布院」が使われるようだ。駅の名前は由布院駅。