平泉 中尊寺・金色堂~観自在王院跡

中尊寺で最大の見所となる金色堂は、建物(覆堂)の中に保護されている。宝物殿の讃衡蔵(さんこうぞう)との共通券で拝観料800円。

09a034.jpg

金色堂は中尊寺創建当初から残っている唯一の建築物で、御本尊は阿弥陀如来。その周囲を観音菩薩や勢至菩薩、地蔵菩薩などが守り、その下に奥州藤原三代――初代清衡公、二代基衡公、三代秀衡公の御遺体、四代泰衡公の首級が納められている。(以上、パンフレットより要約)

09a064.jpg

建物内部にて金色堂を撮影することは禁止されている。遠くからズームしてみても、見えそで見えない。

09a035.jpg

奥州藤原三代が滅亡してから500年後に松尾芭蕉が訪れ、金色堂について詠んだ「五月雨の 降残してや 光堂」という句碑と、金色堂850年記念として昭和34年に建立された宮沢賢治の詩碑が近くに据えられている。

09a036.jpg

こちらは今の金色堂より奥にある金色堂旧覆堂。

09a038.jpg

09a082.jpg

中尊寺を後にする。バス停近くに、武蔵坊弁慶大墓碑。

09a003.jpg

09a083.jpg

JR平泉駅に戻り、徒歩移動。「平泉の文化遺産」を世界遺産登録へ、と駅に掲げられているが、旅行後の2011年に無事登録されている。

09a046.jpg

観自在王院跡(かんじざいおういんあと)。昔は御堂があったらしいが、今は「跡」なので、道路から見渡すとだだっ広い庭園が見えるくらい。

09a045.jpg