オーストリア ウィーン 彫像巡りとザッハトルテ

シュテファン大聖堂から更に歩いたところにある美しい外観の劇場。

13042.jpg

これまでに見て来たゲーテ、モーツァルト、マリア・テレジアなどの他にも、著名人の彫像が至る所にあり、どうせならばと可能な限り周ってみた。中でも市立公園にあるヨハン・シュトラウス像は見逃せない。

13043.jpg

ベートーベン。

13046.jpg

シンドラー。と記されているが、撮影場所を忘れた。

13045.jpg

撮影場所も人物も不明。

13044.jpg

オーストリアの伝統的なチョコレートケーキ、ザッハトルテ。ウィーンの老舗ホテル・ザッハーが元祖で、同じレシピから作られた高級ケーキ店デメルも本家とされる。1800年代にそう認められるまで裁判沙汰にもなった。

それはともかく、ガイドブックの情報だとデメルについては分からなかったが、ホテル・ザッハーのものは日持ちもするし持ち帰りも可能と明記されていたので、約5,000円の最も大きなサイズを購入。コーティングされているチョコレートは、独特のざらざら感があって固い。チョコレートもスポンジも、かつて食べたことがないような大人向けの味。

そして、デメルのは直接食べに行くことにした。しかし、昼食を取り終えた時刻も遅く、店独自のザッハトルテをデザートとして出されていたこともあり、せっかくデメルの店先まで来たのに胸焼けがして諦めた。後に日本国内の通信販売で入手したが、デメルのスポンジの方が酒が効いていたかも。

13050.jpg

13051.jpg

胸焼けの原因の一つとなったウィーン名物のウィンナシュニッツェルは、ツアーの昼食にて体験。子牛の肉を叩いて薄く伸ばしたカツレツにレモンを絞って食べる。皿からはみ出さんばかりの大きさに引きつつ完食。

13049.jpg

夕食は街中の人気レストラン「ミュラーバイスル」にて、ハンガリー生まれの濃厚スープのグヤーシュ、ミックスグリルなど。

13052.jpg

ツアーは街中で解散していたので、宿泊先の Hotel Bosei Wien へは各自で向かうことになっていた。電車だと終点駅から十分程歩くようだったので、タクシーで移動。

13018.jpg