ドイツ ドレスデン ブリュールのテラス

かつてはザクセン王国の首都として栄えた、第二次世界大戦で全てが破壊されながらも「芸術と文化の都」として復興が進むドイツ有数の都市ドレスデン。

18041.jpg

アルベルティーヌム。美術館と博物館が入っている館。

18042.jpg

ブリュールのテラスと名付けられたエルベ川沿いの舗道は、ゲーテが「ヨーロッパのバルコニー」と言い、好んで散歩したとか。元は16世紀に造られた要塞跡で、18世紀にブリュール伯爵が庭園を作らせたことに由来する。その景観が素晴らしいという評価で「ドレスデンのエルベ川流域(エルベ渓谷)」として2004年に世界文化遺産にも指定されていたが、新しく架かった橋が問題となり2006年には危機遺産登録、2009年にはついに世界遺産の登録から抹消されてしまった。

18039.jpg

18044.jpg

18033.jpg

ゼンパーオーパー。ワーグナーの「タンホイザー」などが初演されたオペラ座。

18040.jpg

建築に6118日もかけたのに、僅か一夜にして戦火で崩壊したフラウエン教会(聖母教会)は、暫く廃墟のままで放置された後の1993年に再建が始まったが、元の五分の一、高さ20メートルまで足場が組まれている程度だった。傍に掲げられた完成予定図は、絵に描いた餅のよう。スペイン・バルセロナのサグラダ・ファミリア並みに、完成まで200年はかかるとも言われ、何とも気が遠くなりそうな話だなあと眺めながら立ち去った。

18043.jpg

しかし、この「ヨーロッパ最大のパズル」はその後、予想よりも随分早い2005年10月に完成したらしい。びっくり。

18192.jpg

18193.jpg

チェコ編とハンガリー編を新規購入。滞在時間が少ないオーストリア編以外の三冊を持参。

18233.jpg