チェコ プラハ カレル橋~旧市庁舎塔

カレル橋はヴルダヴァ(モルダウ)川に架かる、14世紀から15世紀にかけて建造されたプラハ最古の石橋。長さ516メートル、幅10メートル、アーチは16連。歩行者天国になっており、プラハ城側にある小地区橋塔ではかつて橋を渡るのに通行料を徴収していた。

18074.jpg

欄干に計30体の聖人像が並ぶ。聖フランシスコ・ザビエルの像もある。

18075.jpg

最も古い聖ヤン・ネポムツキー像。台座レリーフに触れると幸せになれるらしい。

18076.jpg

18077.jpg

18078.jpg

18079.jpg

旧市街広場近くにある旧市庁舎塔。14-15世紀頃に作られた天文時計が付いている。上は年月日と時間を示す「プラネタリウム」、下は暦の「カレンダリウム」。キリスト十二使徒のからくり人形が毎時現れ、時計横では死神が鐘を鳴らす。

18080.jpg

18081.jpg

18082.jpg

旧市庁舎の礼拝堂で結婚式を終えたばかりのカップル御一行様。

18083.jpg